イメージ画像

審査の甘い消費者金融はあるのか、
キャッシング、消費者金融の審査とは何なのか、
審査を通しやすくするにはどうしたらいいのか考えました

延滞を甘くみてはいけない

強制解約によるブラックリスト

返済金額は元金と利息が含まれています。
利息だけでも返済していれば問題はありませんが、元金も利息も一円も入金せず3カ月を過ぎると「期限の利益の喪失」となり、一括請求、或いは強制解約になってしまいます。

そうなりますと俗に言うブラックリスト(リストというものはありません、データとして残る事になります。)になり、個人信用情報機関に事故情報の記録が5年間残ってしまいます。

強制解約を受けた場合、カードの新規契約や車などのローンはほとんど組めません。
子供が車を買う時などの保証人にもなれないのです。
5年間は長いです。本当に後悔しますから、融資先に誠意をもって対応してください。


消費者金融などは返済日に一日でも遅れると催促が来ますね。 あの方たちも仕事ですから仕方のないことです。

喧嘩してもいいことはありません。
しっかり誠意をもって、いつならいくらくらい払えるなど交渉してください。

私の場合、妻名義のクレジットカードで強制解約にしてしまいました。
先方の言うことを無視したのです。

妻だけはブラックにしたくなかったのですが、強制解約になり、クレジットカードは作れず、妻名義では車も買えず、私の車を買う時に、以前はなれた保証人にもなれませんでした。

無担保ローンは信用を担保にお金を借りるわけです。
嘘をついたり、延滞を繰り返すと信用が無くなり強制解約になります。

こうなると他のカードがあるとそれまで解約される恐れがあります。

消費者金融などは、個人信用情報機関に定期的に与信管理で現在の状況を確認します。
その時に強制解約の文字があれば、解約される場合があるのです。

私もカード延滞を甘く見ていたことを大変反省しております。

強制解約によるブラックリスト、ページトップへ

サブコンテンツ
トップページへ

このページの先頭へ