【バストアップラボ】バストアップに成功する為の3つの秘密

バストアップの悩みに終止符!!実はあまり知られていない身近な栄養素○○の驚きの秘密とは?

こんにちは!
バストアップラボサポートチームです^^

女性なら誰しも憧れるのが
「メリハリ」のあるボディですよね。

痩せたいけれど、
痩せすぎると立体感がなくなるし、
だからといって太るのはもっと嫌だ・・

本日は、そんな悩める女性の永遠のテーマに、
終止符を打つための、
とっておきの情報をお届けしていきたいと思います♪

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

■バストアップに効果的な栄養素はイソフラボンだけじゃない!?■

バストアップに効果的な
栄養素といわれている「イソフラボン」

イソフラボンに含まれている栄養素は、
女性ホルモンの「エストロゲン」と似た働きをし、
乳腺細胞を増やしバストの形成を促すとされています。

バストアップといえば
「イソフラボン」が代表的な栄養素ですが、
実は最近、イソフラボンではない
ある栄養素に注目が集まっているんです!


それが「ボロン」です!

あまり耳にすることのない
栄養素かとは思いますが、
実は私たちが普段食べている
身近な食材に多く含まれているんです。

ちなみに「ボロン」とはホウ素のことで、
ミネラルの一種です。

イソフラボンと同じく
「エストロゲン」の分泌を増やし、
濃度を高めてくれる働きがあります。

でも「エストロゲン」を分泌する働きって、
イソフラボンと同じだよね?

それなのになんで
「ボロン」がバストアップの栄養素として
ここまで注目されているの・・?


それには理由があります。

なんとボロンは
「胸の脂肪」だけを増やしてくれるんです!!

例えば、イソフラボンに含まれている
栄養素にはバストアップの効果以外にも、
より女性らしい身体にする働きがあるため、
胸以外の場所にも脂肪がついてしまいます。

しかし、「ボロン」は胸だけに、
ピンポイントに脂肪がつくんです!

これは嬉しい限りですよね!


■「ボロン」ってどんな食材に入っているの?■

実は、ボロンが含まれている食材はたくさんあります。

<ボロンが含まれる食材>

キャベツ、りんご、梨、
ピーナッツ、わかめ、ぶどう、桃、はちみつ、
大豆、アーモンド、とろろ昆布、ひじき、寒天……など。

実は、「ボロン」は
様々な食べ物に含まれているうえ、
どれも手に入りやすく
毎日食べることが比較的容易です!

もちろん、毎日欠かさず食べるのがいいのですが、
食べる時期にもポイントがあるんです。


■「ボロン」いつ食べるのがいいの?■

ボロンは排卵から生理前の時期に、
摂取するとことにより、
バストアップの効果が
期待できると言われています!

その時期に毎日欠かさず、
少量ずつでも「ボロン」を摂り続けることで
「エストロゲン」の分泌を促し、
バストアップや女性らしさを
作ることに一役買ってくれます。


■「ボロン」ってどうやって食べるの?■

ボロンをより効率よく摂取するには、
注意しなければならないことがあります。

それは調理する時の「熱」です。

実は、ボロンは熱に弱いため、
食材の場合は生のままで
食べるのが一番効果的です。

例えば、キャベツの場合は千切りにして、
おかずに添えたり、コールスローを作ったり、
サラダなどで食べることおすすめします。

そして梨や桃などのフルーツにも
「ボロン」は多く含まれています!

フルーツの場合は生で摂取しやすいですので、
買ってそのまま食べればOKです!

ちなみに私がおすすめする
「ボロン」の摂取方法は、
ヨーグルトにはちみつをかけて食べることです!

忙しい朝でも、
ヨーグルトにはちみつをかけるだけなので、
毎日続けられそうですよね☆

また、ボロンはビタミンDと組み合わせて、
食べることにより摂取率が高まると言われています。

ビタミンDが多く含まれている食材には、
魚や乾燥しいたけなどが挙げられます。

例えば、しいたけや塩昆布と
キャベツを揉み込んで、
浅漬けにしたりすれば
効率よく食べることができます♪

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

いかがでしたか?

自分のプロポーションが気になっている方は、
普段の食生活を変えることにより、
結果が大きく変わっていくのかもしれません。

無駄なく効率的にバストアップを目指している方は、
ぜひ「ボロン」を試してみてくださいね♪


最後までお読みいただき
ありがとうございました。