イメージ画像

審査の甘い消費者金融はあるのか、
キャッシング、消費者金融の審査とは何なのか、
審査を通しやすくするにはどうしたらいいのか考えました

保証人紹介所があるが・・・。

保証人紹介所について

おまとめローンや大口融資で借入残高の多い人は、保証人をつけて下さいと言われます。
それも第三者保証人。
身内なら何とかなるかもしれないけれど、第三者には頼みづらいです。
そこで保証人を紹介してくれる会社があります。

保証人紹介所はいろいろありますが、いかがわしいところが多いと思います。
私は国内保証援助会というところに申し込んだことがあります。

システムはまず会員申し込みをし、審査をしてもらい、審査に通ると1万円支払い本登録。
その後、どこの金融機関にいくら申し込みしたいと伝えると、地域、金額等ふさわしいと思われる人を紹介してくれます。

融資実行になると、その額の5%~20%を保証人に支払うことになります。
国内保証援助会は入会金1万と保証人紹介料1人5万円が売上げになります。
仮に返済が滞った場合などは、国内保証援助会が保証人に代わり代位弁済しますので、保証人にはリスクがないことになりますが、国内保証援助会が倒産でもしたら、判を押した以上保証人が支払わなければなりませんので、5%~20%の支払いは、仕方ないかもしれません。

保証人と直接連絡は取れない仕組みになっています。
キャッシング会社に保証人が見つかったと連絡するのですが、保証人紹介所の紹介した保証人だとわかると嫌がるキャッシング会社、消費者金融が大半と思われます。ここに注意しないといけません。

私の場合そんなことはないと思っていましたので、保証人との関係を聞かれた時、めんどくさいからと正直に言った結果、紹介所の保証人では駄目だと言われ、250万の保証人をつければ、500万融資するという話が終わりました。
これで5万円パーです。
国内保証援助会は1案件1人のみの紹介で5万円です。
断られた消費者金融に、保証人紹介所の保証人でも通してくれるように動いてくれと頼んだら、条件を厳しくすればいいと言われ、国内保証援助会に言ったら最高の人を紹介してくれました。
前のが駄目だったのだから3万にしてくれと値切り、これで500万がOK!と消費者金融に報告したら、本社で駄目と言われたで終わりました。
結局総額9万円がなくなり、国内保証援助会の名前が入った9万円のライターとボールペンが残りました。

この経験から言えるのは、保証人紹介所は使えないということになります。

保証人紹介所について、ページトップへそこは闇金融でした

サブコンテンツ
トップページへ

このページの先頭へ