イメージ画像

審査の甘い消費者金融はあるのか、
キャッシング、消費者金融の審査とは何なのか、
審査を通しやすくするにはどうしたらいいのか考えました

審査について

個人信用情報機関について

キャッシングの申込みの際、氏名・年齢・仕事・年収・住居・家族構成・金融他社利用状況などの個人情報を入力します。

その情報を元に金融業者は個人信用情報機関のあなたの情報を照会し審査を行います。

個人信用情報機関は全国銀行個人信用情報センター、日本信用情報機構(JICC)、CICがあります。

全国銀行個人信用情報センターは銀行系が加盟し、CICはクレジット関係、合併により大手になった日本信用情報機構は消費者金融系、商工ローン、流通系、信販系ですがモビット、@ローンも情報に出てきます。

ほとんどのキャッシング会社は複数の情報機関に加盟しています。
指定信用情報機関制度が導入されましたので(日本信用情報機構、CICは指定信用情報機関です)以前より厳しくなったと言えます。
どの情報機関に加盟しているかの確認は、申込の入力時に個人情報照会の同意を求めてきますが、その中にどこに加盟しているか書いてあります。

仮に全国銀行個人信用情報センターにしか加盟していなければ、消費者金融系でどれだけ借り入れが多くても確認はできないことになります。
ですからマイホーム購入の際など申込先が銀行だとした場合、キャッシングしていても申告しなくていいんです。
余計なことを言うとやぶへびになります。

CLINのように各情報機関共有の情報がありますが、延滞履歴、ブラック履歴などの情報の共有ですから気にすることはありません。

日本信用情報機構に行くと自分の情報と、最近3ヶ月にどの金融業者が照会をかけてきたのかがわかります。

個人信用情報機関では、氏名、生年月日、住所、電話番号、勤務先、契約日、契約の種類、支払い状況、利用残高、申込履歴、事故情報等の情報がわかり、申告に誤りがないかを確認します。

一般人が情報機関に開示請求して見られる情報と違い、貸金業者が確認する情報は、借入金額と件数について詳細に出て来ます。ショッピングでの残も出ます。ただし、どこの会社から借りているというのはわからない仕組みになっています。
経営者の場合、法人名義の借り入れやリースなどの個人保証をした場合も出ます。

申し込み履歴は3か月消えません。CICは6ヶ月です。

ただしキャッシング会社などが見られるのは1か月前までだけです。
次々と申し込みを続けると不審者(申し込みブラック)と思われ、審査が通りづらくなります。

利用履歴は5年間消えません。
ですから仮にモビットを解約したとしても、何かのリースが終了したとしてもその日から5年間は記録が残ります。

3カ月以上滞納した場合、「延滞」という事故情報の記録が5年間残り、自己破産や民事再生などは官報掲載情報として7年間記録が残り、俗に言うブラックリストになります。(ブラックリストというものはありません、データとして残る事になります。)

日本信用情報機構の情報はお近くの開示窓口に出向けば無料で教えてくれます。
ただし前は各所にありましたが、今は東京と大阪だけです。

郵送もしてくれます。
信用情報開示申込書と本人確認事項、郵便局に売っている定額小為替1,000円分を同封し郵送すると数日で送られてきます。
CICはホームページにある個人信用情報の開示をご覧ください。

個人信用情報機関について、ページトップへ審査の通りやすい人とは

サブコンテンツ
トップページへ

このページの先頭へ