イメージ画像

審査の甘い消費者金融はあるのか、
キャッシング、消費者金融の審査とは何なのか、
審査を通しやすくするにはどうしたらいいのか考えました

返済を減らす

金利下げ交渉

法改正により上限金利が20%になりました。

法改正では元金10万までが20%。100万までが18%。100万円以上は15%で、それ以上高い利息は違法で す。

ちなみにヤミ金の金利は
*ツキイチ・・・1ヶ月で1割の利息、年率120%。
*トイチ・・・・10日で1割の利息、年率365%。
*トサン・・・・10日で3割の利息、年率1,095%。
*トゴ・・・・・10日で5割の利息、年率1,825%。
*イチイチ・・・10日で10割の利息、年率3,650%。

絶対に手を出さないでください。抜けられなくなります。


15%でも高いですよね。
でも、手段であり今は方法ということでキャッシングしなければならない事もありますし、使い方によっては便利です し、助かります。

銀行などの金融機関は借りようと思えば日銀から0%で資金を調達し、企業に2%くらいで貸し出す「サヤ」で利益を 出す訳ですが、今借りたい企業には貸さず(貸せず)、借りて欲しい企業は借りてくれません。

ですから、銀行は個人からの預金なんていらないのです。だから年、0,001%の利息になっています。

昔、金融機関は消費者金融を汚い呼ばわりしていました。
それが今では消費者金融を傘下にしたり、消費者金融を保証会社にし、個人向けの商品を出して来ています。
リスクをとことん背負わない悪党と言えます。


上限金利は下がりましたが、複数の借り入れがあると金利だけでもかなりの金額になると思います。
また、29,2%で昔借りた借入れの残があると、いまだその金利を支払わされている事もあります。

直接金利下げ交渉をしましょう。

現在ある消費者金融は20%が5%。5,000円の金利が1,500円くらいになりました。
他にはキャッシング、ショッピング両方とも金利0%にしてくれて、毎月元金5,000円支払っています。どちらも 大手です。

先日20%の所に交渉しましたが17,8%までしか下げてくれませんでした。
毎月ちゃんと金利のみでも払っているからですね。

上の2件は支払が遅れが続いた時でした。任意整理や自己破産されるよりいいと判断されたと思います。

交渉の際、相手も「いや、それは出来ません」のような事を言って来ると思いますが、それからが交渉になります。
このままだと任意整理しなければならなくなるような事もほのめかしてください。


裁判所や弁護士を介したわけではないので(直接の交渉)、個人信用情報では事故扱いになりません。

中には金利下げてもいいが、ブラックになると言われるところもありますので、事前に確認してください。

ブラックは延滞の関係ですので、仮に個人信用情報機関に事故情報として載せられたら、取り下げ要求する事も出来ま す。

金利下げ交渉、ページトップへ過払い利息返還請求

サブコンテンツ
トップページへ

このページの先頭へ