イメージ画像

審査の甘い消費者金融はあるのか、
キャッシング、消費者金融の審査とは何なのか、
審査を通しやすくするにはどうしたらいいのか考えました

審査について

審査の通りやすい人とは

申し込みの際には、住所、氏名、年齢、生年月日、職業、勤務先、電話番号、家族構成、住居状況、年収、他社借入れ状況などの個人情報を記入、または入力します。
その情報を元に金融業者は、個人信用情報機関に照会し審査を行います。

個人信用情報機関では、住所、氏名、生年月日、年齢、電話番号、勤務先、契約日、契約の種類、極度額(限度額)、支払い回数、支払い状況、利用残高、申込履歴、事故情報等の情報がすぐに確認できますので、嘘はつかないようにしてください。

審査に通りやすい人とは

年  齢 30才前後。
小遣いが多く、働き盛りの年齢は返済能力が高いと評価される。

家族構成 独身。
既婚で子供が多いと、自由になる小遣いが少ないとみなされ、評価は低くなります。

職  業 公務員(医者や弁護士の類は別)。
次に大会社の役員、管理職、保険の種類が社会保険の会社員。
自営業や法人格でも経営者は評価は低いです。

住居状況 持ち家(ローンなし)→家族所有。
自己所有でローンがあり、居住年数が少ないと大きな負債を抱えていることになり、評価は低いです。

保険種類 共済組合→健康保険(社会保険)。
国民健康保険は収入が少ない、あるいは安定していないと判断され評価が低くなります。

固定電話 あり・本人名義。
最近は携帯電話だけ所有の方も多いと思いますが、固定電話があり、本人名義ということは、そこに必ず住所があることになり、評価が高くなります。

年  収 400万以上。
多いに越したことはないと思いますが、逆に年収800万の人が何でキャッシングするの?と職業によっては評価が分かれると思います。

審査の一番通りやすい人とは、30才前後の独身で持ち家でローンなし、公務員で年収400万以上・・・そんな人いるでしょうか?

審査の通りやすい人とは、ページトップへ審査基準は件数か総額か

サブコンテンツ
トップページへ

このページの先頭へ